「なみえ焼そば専用記念皿」プレゼント!応募締切間近です!

2012年6月12日 14時08分

6月29日(金)のおおぼり復興まつりに向けて、着々と準備を進めております!

さて、浪江町民の方々を対象に、開窯記念作品・第1号として、「なみえ焼そば用」の専用記念皿プレゼントの応募受付をしておりますが、6月15日(金)までの受付となっており、受付終了間近となりました!郵便の場合は、当日消印有効です。

ぜひご応募ください!応募締め切り後、抽選を行いまして、当選者にはハガキにてお知らせいたします。

現時点で、予想以上のご応募をいただいております。

合わせて、さまざまな胸が熱くなるメッセージもたくさんお寄せいただき、改めて浪江町民の絆を感じております。

浪江町民に愛されている大堀相馬焼の伝統を絶やさぬよう、一生懸命頑張って参ります!

皆様、今後ともご支援どうぞよろしくお願い申し上げます。



▼いただきましたメッセージの一部を紹介させていただきます。


  • 二本松での開窯おめでとうございます。早い時期に、大堀に帰還できますよう、心より祈念いたします。

  • 小学生の頃、大堀相馬焼の湯飲みに絵を書いて焼いてもらった事があり、物をあまり大事にしない私ですがこの湯飲みは20年近くも大事にいまだに現役で使用してます。ばあちゃんに連れられていった大せと祭が懐かしく思います...。

  • 大堀相馬焼は本当に良い物これからも伝統を絶やさず町と共にさらなる発展を願います。

  • 私達家族は、浪江町が大好きで早く浪江町に帰りたいです。大堀相馬焼協同組合開窯おめでとうございます。一日でも早く、浪江町で再開するの願ってます。

  • 大変ですが、頑張ってください。笑顔で浪江町に帰り世界に大堀相馬焼の素晴らしさを伝えてください。

  • 先日、一時帰宅で妻の実家に行った時、殆ど割れてしまった食器の中から無傷の相馬焼のビールジョッキを2個見つけタオルに包んで持ち帰りました。
    いつの時代の作品か分かりませんがとても丈夫な事に驚きました。
    大堀相馬焼など、どの家庭にでも幾つでも有るものとあまり大切にも思っていませんでしたが今は、このジョッキで夏にビールを飲むのを楽しみにしています。

  • 浪江にあっての相馬焼なのに二本松で開窯とは?と思うのは誰しも同じ、しかし致し方ありません。いつかあの大堀に戻れる日まで頑張ってください。おめでとうございます。

  • 浪江は海あり山ありで季節季節の行事やお祭りも多く、小さい町なので話したことが無くても顔は知っている人たちばかりで、安心して暮らせました。浪江町から遠く離れて、今更ながら浪江の良さを感じています。浪江町の代表的な大堀相馬焼が再開されると聞いて本当に嬉しく思います。うまくいくのお皿のようにこれからの復興がうまくいって欲しいものです。

  • 子供達も浪江焼きそばで育ち、少しでも浪江をこの大堀相馬焼きで感じられたらと思い応募させて頂きました。

  • 伝統の大堀相馬焼きを原発避難に負けることなく、守り続けて下さい。浪江町の宝物です。

  • 子供たちが小学校でお世話になっておりました。毎年のように相馬焼で焼き物を作っていたころがとても懐かしいです。開窯が浪江町の復興の狼煙、そして町民の希望の光になりますよう願っています。

  • 生まれ育った浪江町を、こんな形で離れなくてはならなくなり、とても残念です。戻れるものなら、以前の浪江町に戻って欲しい...また浪江町で楽しく暮らしたい!という気持ちはあります。今回、大堀相馬焼が復活するとの事で、少しでも浪江町の思い出に触れることが出来ればと思い応募しました。

  • これからも、大堀相馬焼の伝統を絶やさぬよう頑張って下さい!応援しています。

  • 大堀相馬焼の開窯、おめでとうございます。暗いニュースが多く、先が見えない中での開窯、浪江町が一歩前進したようでとても嬉しく思います。

  • 浪江町の「心の陶芸」を絶やさないことで浪江町民がひとつになれるような気がします。大堀地区での皆さまをはじめ、組合の皆様ありがとうございます。

  • かなり遠方まで避難しているため、簡単に一時帰宅もできない。せめて、浪江町のシンボルの一つである大堀焼きを見て触って、浪江町を、故郷を、常に感じていたい。

  • 帰りたくとも帰れない、これが現実。相馬焼の置物等も地震によってすべて壊れてしまいとても残念です。相馬焼が復活するのは大変喜ばしいことです。またぜひ購入したいと思います。

  • いつも身近にあった相馬焼がまた見れて、うれしく感じます。なつかしい故郷の思い出なので、身近にあったらうれしいです。

  • 大堀地区は、放射線量が高い地域になっていて、いつ戻れるかわかりません。そんな中、大堀相馬焼の開窯出来るとのこと。大変うれしいです。いつの日か戻れる日のため、皆さんとともに頑張りたいと思います。頑張れ大堀相馬焼!!


  • ※この大堀相馬焼、記念皿プレゼントとおおぼり復興まつり事業は財団法人JKAの「ringringプロジェクト」の助成を受けて行っております。

     http://ringring-keirin.jp



    posted by オーボリーヘップバーン