優秀作品表彰式及び貼付完成式典

2010年3月29日 09時06分

3月28日(日)
やはり雨男の存在は大きく、雨は降らなくても
曇り空の寒い日になってしまい、室内での式典となりました。
式には大賞受賞の安倍さんを始め、保護者の方々を含めて、
総勢20数名の方々が参加していただきました。
当組合理事長半谷秀辰の挨拶に続き、浪江副町長のご挨拶をいただきました。
その後、コンテスト審査委員長の朝倉悠三先生からの講評をいただき、
受賞者の表彰となりました。


20100329a.jpg20100329b.jpg
20100329c.jpg

4歳の子供さんから還暦を過ぎた方までと年齢層の厚い授賞式でしたが、拍手あり、笑いありの和やかな雰囲気の中で執り行うことができました。

本当にありがとうございました。


20100329d.jpg20100329e.jpg











前回のブログでは受賞された作品を一枚づつ紹介しましたが、それらの陶板総数85枚を当館登り窯壁面に貼付ました。
貼付された陶板は、当組合の建物が地震等で倒れない限り、いつまでもここにこうして貼付されているのです。
それはまさしく陶板を書いた人の記録であり、記念となるのです。 一枚で見るのと、数十枚の面として見るのでは、又、感じが随分と違って見えるもので、 一枚だけで輝きを放つ絵があったり、面の中でしっかり主張する作品があったりと関心・感動できるのは、これはまさに絵付けをしていただくところから関わっている者だけの特権だと思い、一人悦に入って楽しんでいます。




2年間実施してきた陶板絵付け体験は22年度で終了となりますので、興味のある方、 書いてみたいな~と思われる方はぜひぜひ当組合まで詳細をお尋ね下さい。

category:お知らせ・イベント情報 posted by オーボリーヘップバーン